外壁リフォームに必要な費用

外壁塗装 見積術 テクニック

【外壁塗装 見積術 テクニック】料金を安くする方法

◎ 外壁塗装をお得にすませたい!


外壁塗装や屋根塗装というのは、それなりにお金がかかるものです。しかし、何年かに一度は必ずしなければならず、そのたびにまとまったお金を用意しなければいけないことに頭を痛めている人も多いことでしょう。リフォームをできるだけ安くする見積術、テクニックはあるのでしょうか?

外壁塗装の初期費用を安くする方法としては、素材をアクリル樹脂系、シリコン系塗装などを選択するというのも一つの方法です。しかし、初期費用だけ安ければそれで良いのかという問題もあります。多少高くつきますが、遮熱・断熱性の高い素材を選べば光熱費を節約することができるでしょう。また、そういった素材は耐久性が高いものが多いので長期的に見てランニングコストに優れていると考えることもできます。

また、工事費用の中には足場を組む料金も含まれています。これが結構な金額なので、リフォームの頻度を減らすことができれば塗装費用を大幅に節約することもできます。地方自治体によっては省エネ効果のある外壁リフォームに対して支援制度を設けている場合もあるので、役所で確認してみるのも良いでしょう。

必要な費用

◎ 外壁塗装に必要な経費

トップイメージ
施工に必要な経費は、足場の工事費用も含めて80万円から100万円というのが相場になります。外壁塗装は単に住宅を美しく見せることだけが目的ではありません。とくにモルタルでは劣化によって亀裂が入り、雨水が侵入するなど住宅に致命的なダメージを与えることも多々あります。そういった被害が発生してしまうと、修繕するには100万円以上かかってしまうこともめずらしくありません。サイディングという特殊な外壁材が必要となり、重ね塗りで120万円~200万円、外壁張り替えで150万円~300万円という費用がかかってしまいます。定期的な外装塗装によって、そのような状況をできるだけ避けるようにしましょう。

お得な優良業者を選択するには?

◎ 比較・検討するために見積もりを取ろう!

以上のように外壁塗装というのはけっして安くはありません。これでさらに悪徳業者にひっかかり高額をふっかけられたのではたまったものではありません。できるだけ信頼できる業者を選択することが外壁工事をリーズナブルにすませる一番の近道と言えるでしょう。

優良業者を選ぶには、まず、いくつかの業者を比較することが大事です。一つの業者の見積もりだけをいくら眺めても、それが相場なのかどうかわかるはずもありません。そこでおすすめしたいのがインターネット無料一括見積もりサービスである「リショップナビ」です。連絡に必要な情報と希望するリフォームや現状の不満などの簡単な情報を送信すると複数の見積もりをゲットすることができるというスグレモノになっています。

リショップナビで大まかな相場を比較して、気になる業者を見つけることができたら、訪問査定をお願いして正確な見積もりを算出してもらいましょう。よほどのことがない限り最初の見積もりと大きくズレることはありませんが、現場を見てみないことには正確な金額を算出するのは難しい外壁塗装です。実際に見てくれるのは大変ありがたいこととも言えるでしょう。

リショップナビを利用してみると、業者によって驚くほどバラつきがあることがわかります。 業者によって対応できるリフォームの種類が異なっていたり、使用している素材にバラつきがあることで見積もり金額も違ってくるというわけです。もちろん、誰でもできるだけ安い費用でハイクオリティの外壁塗装をお願いしたいと思っていることでしょう。リショップナビを使えば、理想通りの業者を見つけることもできるかもしれません。まずは無料相談を利用してみてはいかがでしょうか。

見積りへ